土地探しから家を考えている方へ
家よりもまず土地が重要です。

 

間口が狭くなっても土地の形が変でも、日当たりが多少悪くても、それらは設計の力で何とかできる範囲です。

予算内で、あなたが便利だなと思う地域、そしてみんなが住みたいなと思う地域の土地を手に入れてください。

土地探し3つのPOINT

私の経験と、土地探しをお手伝いさせて頂いた経験から、間違いのない土地探しのポイント3つをお話します。

POINT.1
家の価値と諸経費を調べる

 

土地を探す前に必ず家の価格と諸経費を調べましょう。
私がお手伝いしたお客様のほとんどが土地を探すとき、お金のことは「大体こんな感じだろう」とか「この地域の土地の相場はこんなもんだから、仕方がないか。」という安易な考えで土地探しを始めていました。

これはとても危険です。土地は買ったけど家が買えないとか、希望とかけ離れた家しか建たないとか、こんなハズじゃなかったという無理な住宅ローンを抱えてしまうことになりかねません。

 

あなたは、住める家になるまでにいくらかかるかご存知ですか?

土地によっては、地盤改良が必要なところもあります。そうなるとすぐに80万円プラス、なんていうことも。

また、河川法に入っている地域で水道や下水を引き込もうとすると、叫びたくなるくらいお金がかかってしまう。

家でもそうです。本体価格いくらといっても、カーテンや照明、エアコンは入っていないのは当たり前、設計費用が入っていないところもあります。

諸経費は、いくらかかるかご存知ですか?

大体170〜250万円位といわれていますが、これもケースバイケースです。

まずは、これらの金額をきちっと抑えることからです。

私のお勧めは、土地を探すときには家を建てる建築屋さんを決めておくことです。

POINT.2
住宅ローンの勉強をしておく

 

これは、私が失敗したことです。
土地が見つかったけど、お金をどうやって借りて良いのか知らなかった私は、とりあえず銀行にいって「一番安い借り方でお金を貸して、お願い!」と言ってお金を借りてしまいました。
その3年後、月々の支払いが2万円弱増えてしまいました。

私は住宅ローンで一番危険な3年の短期金利固定のローンで借りてしまったのです。

2013年、金利は間違いなく上がってくるでしょう。

けれど、まだまだ長期固定金利の商品、たとえばフラット35とかが一番お勧めです。

確かに、最初の支払い金額は増えます。お金も借りられる金額が減るかも知れません。建築屋さんも入金時期がズレるので嫌がります。しかし、まだまだ低金利の今だからこそ絶対にお勧めしたいローンなのです。

ただし、相続や返済の方法など、条件によっては短期固定や変動金利を利用したほうがよい場合もあります。

住宅ローンの勉強は本屋へ行って、住宅ローンの本を1冊買ってきて読んでください。
お金の話ですのでちょっと難しいです。けど、10年後「あの時、努力してよかった。」ときっと思うはずです。

POINT.3
理想の立地条件を考える

 

あなたにとって理想の立地条件を考えましょう。

あくまでも私の考え方ですが、私がお手伝いさせて頂いたお客様全員に賛同して頂いている考え方でもあります。
土地の形状が真四角じゃなくても、向きが北向きだろうが南向きだろうが、大きさが小さかろうが間口がせまかろうが、設計しだいでよい家は建つものです。 その証拠に、東京のあんなに込み入った土地でもよい家は建っていますね。

ですが、設計の力ではどうしようもない事があります。 それは立地条件です。

交通の便はよいだろうか、子供たちが楽しく学校に通えるだろうか、年をとったとき買い物はどうだろうか、周りの人たちと仲良くやっていけるだろうか、これらは、設計の力ではどうしようもありません。そしてこれらは将来、土地の資産価値にも関わってきます。

 

立地のよい土地は、将来的にあなたを助けてくれるはずです。

だから私は「よい土地は、大きさでも形でも日当たりでもなくて立地条件なんです。」といい続けています。