家づくりを始める方へ

 

家づくりを始めようとしている方は、一体何からやっていいか分かりませんよね。

そんな方にオススメな、知っておいてほしいことを伝授いたします。

はじめに

私が2006年に書いた「いえぐすり」という本があります。

いえぐすりという本は、家づくりの順序や考え方が間違ってスタートした方のために書いた本です。書いて以来、14年間一度も書き直していません。

内容も古いのですが、いまだに月10冊程度ご請求いただきます。

そして読んだ方々から「楽になりました。」「家づくりが面白くなりそうです。」という感想を頂きます。

しかし、今から私がお話しする内容を理解いただけたら100%必要のない本です。

この15分が、あなたの家づくりを間違いのない方向に導いてくれるはずです。

家づくりを始める前に、知っておいてほしいこと

家づくりを始める方が、まず始めることといえば?

  • ホームページを見てみる。
  • 住宅雑誌を買って眺めてみる。
  • 住宅展示場を回ってみる。
  • 工務店の見学会やオープンハウスに行ってみる。

     

    ここからスタートされることは全く問題ありません。

    しかし、「とりあえず」はサラッと。絶対にのめりこまないでください。

    のめりこんで何度も見学会に行ったり、ホームページで事例を見続けたり、展示場で家の説明を聞き続けると、迷いと不安が高まってきます。それはなぜか。必ず迷って、何がいいか解らなくなるからです。

    例えば外食に行くときは、意識をせずに今日の自分のお腹の具合、好み、予算を分析しています。

    つまり、今の自分を知ってから決定しているのです。だから、間違いが少ない。

    なぜ、こんなことができるかというと、今まで何度も何度も経験してるからです。

    家づくりで「とりあえず」は、外食に例えれば、高級割烹からファストフード、お好み焼き屋さんから弁当屋さんまで、目的もなく手当たり次第にお店をのぞいているのと同じです。

    家づくりは何から始めるの?

    1. まずは資金面

      タマゴグミでは、まずは「お金」から。間違いのない予算を決めることからです。
      頭金をいくらにするのか、住宅ローンの支払いを月々いくらで抑えるのかを決めます。

      そのためには、住宅ローンの勉強をしなくてはいけませんし、将来かかるであろうお金も考えなくてはいけません。

       

      資金計画について

    2. 自分の生活を知ること

      我々工務店、特に弊社のように設計事務所が家を造っている会社は、よい間取りの知恵や素敵なデザイン、よりよい性能を提案したくてウズウズしているのです。提案されるものはどれもすばらしく感じます。アイランドキッチンで、中庭に面して回廊タイプで、はたまた階段の隣に滑り台をつけて、とか。しかし家ができて、アイランドキッチンに立って朝食を作り、夕飯をみんなで食べながらふと気づく。

      「うちの食事はこのスタイルじゃない」

      家づくりは今の生活の延長線上にあります。

      次に「将来」。少なくとも50年後くらいまでは想像することです。50年後を想像してみてください。しかし、将来はどうなるかわからないですから、それは難しいことです。

    3. 未来を想像する

      どんな生活になっているでしょうか?お子様はおいくつですか?次に20年後。お子様は家にいますか?自分の親さんはどうでしょう?さらに30年後。ご自分は働いていますか?親さんはどうですか?もしかしたら相続が起こっているかもしれません。そして40年後。ご夫婦はおいくつになりますか?家はどうあって欲しいですか?よく50年住宅と言いますが、今の家は、間違ったつくりをしていなければ構造は50年は持ちます。むしろダメになるのは基礎コンクリートです。

      今の木造住宅が100年もつと私が断言できないのは、コンクリートがそこまで持つか不安だからです。ただ50年は軽くもちます。

    4. 最後に希望です

      ここで、しっかりと「住まいと暮らし」について考えましょう。これが、あなたの家にスパイスを与えます。

      どうしても薪ストーブがほしい。どうしてもガレージがほしい。将来は家でパン屋をやりたい…。

      私はこの項目には余り力を入れてきませんでした。しかし、苦労をして家を買うのです。生き生きと生活するにはスパイスが必要です。ちなみにこのスパイス、あくまでもご夫婦のものです。お子様のためには必要ありません。

      お金・今の自分と家族・将来の自分と家族、そしてわがまま。これらをきちっと理解してから家づくりをスタートさせると間違いはなくなります。

    家づくりって、本当は楽しいもの
    家づくりには3つの楽しみがあります

    家づくりのパートナーを探して、

    一緒に希望を図面にしていく楽しみ

    図面を元に、夢を形にしていく、

    施工の楽しみ

    希望の家が出来て、

    その家で生活をしていく楽しみ

     

    これらの楽しみは、ひとつ飛ばしで楽しむことは出来ません。1つ1つ順番に楽しんでいくものです。

    ですので1つ目の楽しみでつまづいてしまうと、次に進めないのです。そして、1つ目を楽しみにするには絶対条件があるのです。それは、「ご自身と家族の希望が明確になっていること」なのです。

     

    「いえぐすり」のご紹介

     

    「いえぐすり」には、家づくりの迷いの原因と解決策が書いてあります。

    家づくりに迷って疲れてしまった方、家づくりになんとなく不安を感じている方のために小さな本があります。

    岐阜で家づくりに20年以上関わってきた一級建築士が、自分の経験に基づいて自分で書いた資料です。

    家づくりを始めるとなぜ迷い、悩むのか。

    家づくりを成功させるためには、家の性能や仕様を勉強しすぎてはダメなのです。

    では、あなたが本当に勉強すべきこと、身につけることとは・・・?

    この「いえぐすり」は、2020年4月時点で、1100組以上の方に読んで頂いています。

    「いえぐすり」の内容を一部ご紹介

    • 家づくりに迷ってしまった人の回復法は?
    • モデルハウスを見学したとき、営業マンに言ってはいけない言葉とは?
    • 建築士に任せると失敗してしまうポイントは?
    • 誰でも希望の家づくりが出来る簡単な方法とは?
    • 建築士・工務店を上手に断る具体的な方法とは?
    • 工務店を見極める具体的な質問とは?

     

    家づくり勉強セットを

    無料でプレゼント!

    「いえぐすり」を含めた家づくり勉強セットを無料でプレゼントしております。岐阜で家づくりに25年以上関わってきた一級建築士が、自分の経験に基づいて自分で作成した資料です。

     

    勉強セットの詳細を見る