施工事例

works

20坪台の家

戻る

羽島市 縁側がある平屋

縁側のある平屋をつくりたかったんです

 

ご夫婦二人のための25坪弱の平屋です。

出会いはご主人からの一本の電話でした。「家の相談をしたいのですけど、今から行っていいいですか?」 その日の夜にお会いしていろいろ話しました。

 

ご夫婦におあいして、いろいろお話をさせて頂いて強く思ったのが「ああ、ポカポカした縁側が作りたい。」でした。

上の写真は、福井県の民家の縁側です。

 

縁側って無駄なような気がするのです。

要は廊下じゃん、それだけ部屋を広くした方がいいじゃん。と思われがちな空間なのですが、この場所いろいろなドラマを生むと私は思っているのです。

冬はサンサンと日を浴びた居心地の良い居場所に、夏は風が通る木陰に、最高な場所になると思い提案しました。

 

とはいっても上の写真のような縁側ではなんか現代っぽくないなと思い、こんな縁側を提案しました。

 

 

椅子で使う縁側です。

床は弊社の島田の案で玄昌石が使われました。陰影が出て感じが良いです。

(ちなみにこの石を貼ったのは私いてです。だいたいやね、普通の床板から価格を変えずに石にするなんて無理なんです。だから私が貼るしかなかったのです)

 

こんな場所でボーっと座っている状況を想像してみてください。ムチャクチャいいと思いませんか?

 

目かくし壁は外からの視線を防ぐだけじゃないんです

チョット外観を見てもらいましょう。

 

外には目かくし壁を建てました。

タマゴグミはよくこのような目かくし壁を作ります。

大きな理由は「昼間に南の窓にカーテンを使わなくてもいいように」です。

せっかく南に大きな窓を作っても、カーテンが閉めっぱなし。カーテンならまだしもシャッターが閉まったままの家をよく見ませんか?

あの姿を見ると悲しくなります。

 

そしてもう一つ、この壁には役割があります。

上の写真は京都龍安寺のお庭です。

凄い例を出すな、、、と私自身も思っていますが、この考えを取り入れようと目かくし壁を造っています。

このお庭の壁、この壁があることで手前の庭は奥の森と分断され、部屋内にこの空間を取り込んでいます。

私はこの現象を、外の部屋がグンと伸びて広くなった感じ と表現しています。

この塀がなければ物理的には広くなるのですが、縁側から向こうはすぐ外になった感じになってしまうと思うのです。

 

 

 

チョットスケール感は違いますが、何となくそう感じませんか?

 

食卓テーブルっているの?

当初の案では、4人掛けの食卓テーブルを置いて、という案でした。

 

その案に奥様が「食卓テーブルっているの?」と問いかけてきました。

確かにお二人だけなら、並んで食事をすればいいじゃん。それも最小スペースで。

 

それでできたテーブルがこれです。

 

カウンターのようなテーブル。

ペタッと腰壁にくっつけて使用します。

ただ・・・この机 後々作り直しています。ちょっと小さすぎました。幅を30センチほど伸ばして1m40㎝のテーブルに置き換えています。

 

居間は自由に使えるように

居間はできる限り自由に使えるようにしました。

居間の隣には和室を。和室はごろごろできる場所として使用します。

縁側の障子を閉めるとこんな感じです

 

 

チョット写真をぼかしてみました。(何となくカッコいいかなと思って・・)

障子を閉めても上部から光が入るように、ハイサイドライトをつけました。

そして、障子は雪見障子。

 

この障子がチョットあいて外が見えるのが色っぽくていいですね。

 

その他の部屋は

寝室に使う部屋です。

北側へ持っていきました。当然南の部屋よりは暗いのですが天井高さを上げて、上部に南向きの小さな窓をつけることでスポットのように光が落ちるようにしています。

こんな光も部屋の居心地をぐっと上げています。

 

 

キッチンは対面にしています。

後ろ側には、大工さん手作りの棚をつけました。また、勝手口をつけてゴミ出し等がしやすいようにしました。

 

 

キッチンの上はロフトになっています。

季節のものとかめったに使わないものを置いておく場所をたっぷりとりました。

 

一応性能の話を

耐震等級は許容応力度計算を行い最高ランクの耐震等級3を出しています。

因みに平屋は計算上ちょっと緩くなるので、壁量は2階建てと同じ基準にしました。

 

断熱はHEAT20のG2レベル UA値0.38です。

気密値は 0.3

室温・動的負荷計算行い 快適な室温にするために必要なエネルギー計算をしています。

結果 年間冷暖房費は2万7500円程度と出ました(単価28円にて計算)。 ただ、最近電気代あがっているから。。

 

まあ、性能は私たちプロにお任せください。ちゃんとした結果を出しますので。

 

 

 

 

こんな家にご興味のある方はぜひタマゴグミに資料請求を

資料請求・家づくり勉強セットはこちらから タマゴグミの家づくり勉強セット